自分でできるマッサージ

1日の中で一番リラックスできる時間帯にリンパマッサージを行うことで、効果も高まるはずです。また、最近疲れが取れないなどと悩んでいる方であれば、1回だけとは言わずに1日に数回のマッサージを行うといいです。

ダイエットリンパマッサージのコツですが、両手を使い優しくさすることが重要です。他のマッサージでは、痛い箇所でも揉み解してしまいがちですが、リンパの場合にはゆっくりとさすりながらリンパ節へと促してあげるといいでしょう。
手先、足先など心臓と一番離れている末端からスタートします。また、ゆっくりとリンパ管をさすりますので皮膚が滑らかに動くようにオイルやクリームなどを利用するといいですね。たとえば、アロマオイルはリラックスする香りを嗅ぐだけでも癒されます。

足などはくぼみを中心に押してみます。また足首からふくらはぎへと押します。スネの骨当たりはリンパが滞っているとすごい痛みがありますがそこは我慢して下から上へと押していきます。太ももも裏側へとリンパを流すことを忘れずに行います。最後は、リンパ節に押し出すような感覚で終了します。

リンパマッサージを行うことは、ダイエットにも良い影響を与えます。身体の内側から血行などが改善されれば、アンチエイジングにも非常に良いとされています。自分でのマッサージはとても簡単なものですから今日からでも初めてみてはいかがですか?


リンパの流れは体によい

リンパマッサージをすることは疲れなどから回復するだけでなく、アンチエイジングにもたらす効果が高いと考えられています。リンパマッサージは1回行うだけでも、即効性のある効果を得ることができると考えられています。下半身が重くてだるいときなどは、下肢にリンパ液が溜まっていることが主な原因だとも言われていますので、身体を温めながらリンパ節に送ってあげましょう。これこそがデトックスとも呼ばれているものです。デトックスとはリンパ節に送られてきた老廃物をろ過します。ろ過された毒素であるリンパ液が尿とともに排泄する仕組みです。

運動運動することから遠のいている女性を中心にリンパの流れは悪くなるという見方が多いようです。身体の動きが悪くて、筋肉も凝り固まってしまうことで血液循環が悪くなります。血行が悪ければ、新陳代謝も衰えてしまいますし、冷えなどの症状も現れてしまいます。血行を促して、冷えや浮腫みを取り除くためにも根本的な解決をするリンパマッサージがおすすめです。

身体を温めてから行うことが重要です。お風呂で筋肉をよく温めてから、マッサージするとより良い効果を得られます。また、就寝前のリラックスできる時間帯に行うことも身体の働きによいとされています。

また、最近では女性だけでなく男性専用のリンパマッサージ店も増えつつあります。男性ももちろんリンパの流れが悪くなりますので、もちろん流した方がいいです。

関連サイト / 五反田Aromaly:メンズエステ


マッサージで不調を治す

カラダの不調が続けば、食欲も減退してヤル気も失せてしまいます。この不調の原因はもしかしたら老廃物が身体に蓄積されてしまい排出されないことが大きな要因となっているのかもしれません。このように身体の不調が続く場合には、マッサージが効果的です。特に老廃物を排出するためのリンパマッサージについて説明します。このリンパマッサージは、自宅で簡単に誰もが取り掛かることができますので、早速実践してみることをおすすめします。

ところで、リンパの流れが滞っているとはどのような症状を現わすものでしょうか。季節の変わり目などに風邪を引きやすくなってしまうことや、身体の疲れがなかなか取れずに、足や顔などが浮腫みがちになっていることはありませんか?血液は血管を通じて酸素や栄養素が身体の隅々まで行き届きます。

マッサージしかし、身体には不用になった老廃物などの不純物が溜まってしまいます。健康でいれば、自然にリンパ管を通じて流れ出すのですが、排出する役割を果たすパイプが衰えてしまえば、そのまま滞ってしまう訳です。

リンパとは、タンパク質などに含まれている栄養素を血中に戻す働きがあることから、身体のメンテナンスに大きく関係していると考えられています。そして血液が流れている血管との大きな違いは、リンパ管は一方通行だということです。身体の動きが鈍くなりなどリンパ液の流れが止まってしまうようであればマッサージをして促してあげる必要があります。


Top